ガラケーからスマホへの変化は必然でした。。

本日から7月になり、2019年も半分が過ぎました!!

本当に時間が過ぎるのが早い(>_<)

このままでは年始に立てた目標を全くクリア出来ない(笑)

笑ってる場合でもなく、何を言っても始まらないので、今できることをしっかり考え、ネジを巻きなおして日々頑張るしかありませんね(^^)

時間が過ぎるのは本当に早く、大学を卒業してから8年目になります。

社会人になりたての方と話すと凄い違和感があることも多く、なぜかなと考えていたのですが思ったことは

僕の常識と彼らとの常識に既にギャップが生まれている!!

時代の変化に僕の成長スピードが追い付いてない(笑)

今では皆が使いこなしているスマホですが、僕がスマホを手にしたのは8年前

学生から社会人になる時、当時好きだった子にスマホを進められたからという理由のみでガラケーからスマホに変更しました(*´▽`*)

今ではスマホなしの生活は考えられませんし、持っていない人もほとんどいないと思います。

自分の中の軸はブレてはいけないけど、常識という物は本当に意味のないことなのかと感じでいます!

将棋界のレジェンド羽生善治の言葉ですが

【積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にすること】

通算100期という前人未到の達成に向けまた調子を上げてこられた羽生9段ですが、どんなに大切な勝負でも相手の得意な戦法に踏み込み相手の土俵で常に戦いを挑まれます!

それには目先の勝利にこだわるのではなく長期的な視点で考えられているとのことです。

AIが発達し1年前の戦法ですら埋もれていく勝負の世界

もちろん、自爆テロ的なリスクの取り方ではなく、自分が取れる範囲でのリスクをおかし、常にちょっとづつ変化をしていくことが大事!

ある程度、経験などを積み重ねればあらゆることでそれが当たり前という考えになります。

そうすると自然とアクセルを踏まなくなる!

そうなると後は緩やかな減速から停止しか待ってませんよね(*_*;

毎日、必死に少しだけアクセルを踏み変化変化の進歩な自分でありたい。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です